Author Archives: note

採用増やしたい大学:宇都宮大学が第5位!(日本経済新聞社・日経HR調べ)

日本経済新聞社と就職・転職支援の日経HRが実施した大学イメージ調査で,宇都宮大学が「採用を増やしたい大学」で5位になりました!

上場企業と有力非上場企業の人事担当者に,採用した学生から見た大学のイメージなどを調査したもので,平成29年6月7日付の日本経済新聞に掲載されました.

研究成果のプレスリリース・新聞記事

本学科の山本篤史郎 准教授が,

名古屋工業大学・広島市立大学・熊本大学・高輝度光科学研究センターと共同でシンクロトロン放射光を用いて行った研究成果が金属材料学で最も権威のある雑誌Acta Materialia誌に掲載され,プレスリリースを行いました.

また,その内容が中国新聞(2017429日付朝刊)ならびに日経産業新聞(2017年5月15日付)で紹介されました.

本研究成果は,実験で利用したシンクロトロン放射光施設SPring-8と高エネ研Photon Factoryのホームページでも紹介されました.

軽量構造用材料として用いられるチタン合金に添加されるレアメタル元素近傍の局所構造について蛍光X線ホログラフィーにより解析した研究成果です.

尾崎教授が第7回ロボット大賞(文部科学大臣賞)受賞!

工学部機械システム工学科・大学院工学研究科機械知能工学専攻の尾崎功一教授が「モジュール分散協働型収穫支援ロボットシステム(自走式イチゴ収穫ロボット)」により第7回ロボット大賞(文部科学大臣賞)を受賞しました!

 

杉山教授が下野新聞社の取材を受けました

平成28年11月24日の下野新聞社会面に,杉山均教授と学生フォーミュラプロジェクトに関する記事が掲載されました.

 

(記事より)

宇都宮大工学部の学生グループがF1で知られるレーシングカー「フォーミュラカー」の製作に挑んでいる。国内大会には毎年出場し、学生グループとしては国内最古参の一つ。2017年度は顧問を務める教授の退官前最後の年でもあり、学生たちは「次の大会は先生のためにもトロフィーを持ち帰りたい」と意気込んでいる…

 

2014キャリアフェスティバル

平成26年10月25日

 8年目となる今年は全学部全学年から,700以上の学生が参加しました.

パネルディスカッションでは,業界を代表してキヤノン 株式会社,丸紅 株式会社,読売 新聞東京本社,栃木の企業として大和鋼管工業株式会社の4企業の方がパネリストとして宇都宮大学の学生のためにお話をしてくれました.

分科会ではパネリスト4社の他に株式会社ゆうちょ銀行,株式会社オリエンタルランド,日本通運株式会社,小野薬品工業株式会社,大成建設株式会社,栃木県庁・宇都宮市役所が,10会場に分かれ更にたくさんの業界の話を聞かせてくれました.

2014年の様子はこちら(会場の写真が掲載されたPDFファイルが開きます).

関連リンク

つくばチャレンジ2014で,尾崎研究室チームが見事課題を達成しました!

 平成26年12月17日

つくばチャレンジ2014で,尾崎研究室チームが見事課題を達成しました!四年連続六度目の達成です!

尾崎研究室の課題達成を称え,つくば市長よりつくば市長賞を賜りました.

日本を牽引する44チーム50台が挑戦しましたが,課題達成は尾崎研究室を含め,たった4チームでした

リンク:本走行の記録つくばチャレンジ2014