本文へスキップ

生体計測・福祉工学研究室(嶋脇研究室)

宇都宮大学 工学部基盤工学科
      機械システム工学コース
      大学院機械知能工学プログラム


非侵襲生体計測手法・装置の開発、福祉機器の開発・改良が主な研究テーマです。

研究室紹介お知らせ



2020年度研究内容
  • ・頭頚部の挙動に関するシミュレーション(軸回旋)
  • ・肩外転保持スーツによる上肢機能向上の計測
  • ・主動筋を考慮した上肢前方挙上運動のアシストスーツの開発
  • ・ダーツスローイングモーションにおける手根骨動作のシミュレーション
  • ・CT撮影による足関節内の骨運動の計測
  • ・MRIを用いた肩外転時における関節接触面と肩甲骨運動の計測
  • ・橈骨遠位端骨折の変形癒合による回旋制限のシミュレーション
  • ・スマートフォン撮影による近赤外光を用いた血管内皮機能検査の開発
  • 純ダーツスローイングモーションにおける運動面の計測
  • ・示指屈曲・伸展運動のシミュレーション(ボタンホール変形とスワンネック変形)
  • ・ボール投球時における指爪ひずみの計測
  • ・肩関節外転・前方挙上動作のシミュレーション


 JKA研究成果

 研究室の紹介がUUnow(第47号、12〜13頁)に掲載されました。




H25年度研究内容
 

嶋脇教授
  
 ・青森県八戸市出身
 ・東京農工大学工学部生産機械工学科卒業
 ・東京農工大学大学院工学研究科機械システム工学専攻修了
 ・東京工業大学大学院情報理工学研究科情報環境学専攻修了(博士(工学))

 ・株式会社日立製作所に勤務(H5〜H7)
 ・産業技術総合研究所計量研究所に勤務(H12〜H13)