本文へスキップ

生体計測・福祉工学研究室(嶋脇研究室)

宇都宮大学 工学部機械システム工学科
      工学研究科機械知能工学専攻


非侵襲生体計測手法・装置の開発、福祉機器の開発・改良が主な研究テーマです。

研究業績リストお知らせ


論文
  1. Influence of the diameter of grasped spheres on the rotation angle and axis of the second to fifth carpometacarpal joints, S. Shimawaki, D. Koya, M. Nakabayashi, K. Yoshida, H. Sugimoto, M. Toishi, Journal of Medical and Biological Engineering, Vol.38 ,  [http://doi.org/ 10.4015/S1016237216500058], (2018).
  2. 正常歩行時における母趾爪ひずみ分布計測,中林正隆,渡邉雅人,嶋脇聡,人間工学,54巻,3号,pp.98-107(2018. 6)
  3. 筋収縮に伴うヒト頸椎セグメントの屈曲・伸展運動に関するマルチボディシミュレーション, 嶋脇聡,須田拓也,中林正隆,杉本英治,日本機械学会論文集,84巻,862号,p.18-00131, [http://doi.org/10.1299/transjsme. 18-00131] (2018. 6)
  4. 近赤外光手指透過血管画像を用いた血流依存性血管拡張反応の計測(上腕足首間脈波伝播速度との比較), 嶋脇聡,吉田和樹,中林正隆,日本機械学会論文集,83巻,856号, [http://doi.org/10.1299/transjsme.17-00063] (2017. 12)
  5. Effect of measurement position on cardio-ankle vascular index (CAVI), S. Shimawaki, K. Yusa,Biomedical Engineering: Applications, Basis and Communications, Vol.28, No.1, [http://doi.org/ 10.4015/S1016237216500058] (2016. 2).
  6. 物体把持における母指爪ひずみの非対称性−物体形状,物体サイズ,母指押し付け力の影響,嶋脇聡,中林正隆,人間工学,51巻,6号,pp.226-233(2015. 12)
  7. Thumbnail strain during pressing and plucking of a string,S. Shimawaki, A. Nakayama, M. Nakabayashi, N. Sakai,Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.10 , No.3, [http://doi.org/10.1299/jbse.14-00316] (2015. 11).
  8. Deformation of the distal radioulnar ligament during rotation using finite element analysis, S. Shimawaki, M. Oniwa, M. Nakabayashi, N. Sakai, H. Sugimoto, S. Yamazaki, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.10 , No.2, [DOI: 10.1299/jbse.15-00286] (2015. 8).
  9. 三次元手関節モデルを用いた橈・尺屈シミュレーション,嶋脇聡,進藤拓志,酒井直隆,中林正隆,日本機械学会論文集,81, 827, [DOI: 10.1299/transjsme.14-00653] (2015. 7)
  10. The effect of measurement position on brachial ankle pulse wave velocity, S. Shimawaki, M. Toda, M. Nakabayashi, N. Sakai, Acta of Bioengineering and Biomechanics, Vol. 17, No.1, pp.111-116, (2015. 4).
  11. Non-invasive Serum Cholesterol Detection Using Near-infrared Light Transmission. S. Shimawaki, Y. Kobayashi, M. Nakabayashi, N. Sakai,Biomedical Engineering Research, Vol. 3, No.3, pp.80-87, (2014. 9).
  12. Simulation of the stabilizing mechanism of distal radioulnar joint during pronation and supination. S. Shimawaki, H. Ebe, M. Nakabayashi, N. Sakai, Jouranal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.8, No.3, pp.278-292, (2013. 10).
  13. 磁気共鳴画像(MRI)を用いた指尖部およびpulpの力学的変形解析. 嶋脇聡,酒井直隆,中林正隆,日本機械学会論文集(C)79, 801, pp.1709-1717, (2013. 5)
  14. 上腕圧迫による近赤外光を用いたヒト手指透過血管像変化と脈波伝播速度との関. 嶋脇聡,酒井直隆,中林正隆,日本機械学会論文集(C)78, 795, pp.3741-3748, (2012. 11)
  15. 回転型ドアノブの把持・回旋動作における手関節および前腕関節角度変化. 嶋脇聡,酒井直隆,人間工学,48巻,5号,pp.226-233(2012. 10)
  16. 三次元腕モデルを用いた肘屈曲シミュレーション. 嶋脇聡,酒井直隆,日本機械学会論文集(C)78788, pp.1180-1191, (2012. 4)
  17. 手指のボタンホール変形とスワンネック変形に関する三次元有限要素解析. 嶋脇聡,酒井直隆,日本機械学会論文集(C)78787, pp.883-891, (2012. 3)
  18. 多指を用いた視覚障害者支援用触覚ディスプレイ開発のための基礎研究. 松本悟志,嶋脇聡,酒井直隆,人間工学,47巻,6号,pp261-267(2011. 12)
  19. 把持動作の手指プリシェイピングに及ぼす視覚情報の影響. 嶋脇聡,酒井直隆,人間工学,471, pp.31-35, (2011. 2)
  20. Motion analysis of thumb in cellular phone use. N. Sakai, S. Shimawaki, Applied Bionics and Biomechanics, Vol. 7, No.2, pp.119-122, (2010. 4).
  21. Measurement of a Number of Indexes of Hand and Movement Angles in Pianists with Overuse disorders. N. Sakai, S. Shimawaki, Journal of Hand Surgery (European Volume), Vol.35E, No.6, pp.494-498, (2010. 4).
  22. 上腕圧迫による近赤外光を用いたヒト手指透過血管像変化(上腕圧迫力と被験者加齢の影響).嶋脇聡,酒井直隆,田村広行,日本機械学会論文集(C)75756, pp.2280-2285, (2009. 8)
  23. ヒト指尖部の摩擦特性に関する研究. 嶋脇聡,酒井直隆,日本機械学会論文集(C)74739, pp.658-664, (2008. 3)
  24. Quasi-static deformation analysis of a human finger using a three-dimensional finite element model constructed from CT images. S. Shimawaki, N. Sakai, Journal of Environment and Engineering, Vol. 2, No.1, pp.56-63, (2007. 11).
  25. Strain in the nail at fingertip compression. N. Sakai, S. Shimawaki, Skin Research and Technology, Vol.13, pp449-453, (2007. 1)
  26. Mechanical response of the fingertip pulp and physical factors. N. Sakai, S. Shimawaki, Applied Bionics and Biomechanics, Vol. 3, No.4, pp.273-278, (2006. 11).
  27. ヒト手掌面における温冷覚の計測および触覚との関係.嶋脇聡,酒井直隆,日本臨床バイオメカニクス学会誌,27巻,pp.363-369, (2006. 11)
  28. 指尖圧迫時におけるヒト母指爪の変形ひずみ計測.嶋脇聡,酒井直隆,福田智史,日本機械学会論文集(C)72718, pp.1908-1914, (2006. 6)
  29. 靱帯と骨の結合強度に及ぼす膝屈曲角と引張方向の影響.嶋脇聡,酒井直隆,藤原伸得,日本機械学会論文集(C)72715, pp.835-841, (2006. 3)
  30. 静的および動的二点識別法による視覚障害者と晴眼者の手掌面触覚の比較.嶋脇聡,酒井直隆,日本機械学会論文集(C)72715, pp.829-834, (2006. 3)
  31. ヒト指尖部皮膚紋理の断面形状.嶋脇聡,酒井直隆,日本臨床バイオメカニクス学会誌,26巻,pp.457-461(2005. 11)
  32. 手掌面における静的・動的触覚の計測.嶋脇聡,酒井直隆,鈴木章之日本機械学会論文集(C)71704号,pp.1322-1326(2005)
  33. CT画像から構築した三次元ヒト指尖部モデルの有限要素法による力学的変形解析.嶋脇聡,酒井直隆,福田智史,日本機械学会論文集(C)71704号,pp.1316-1321(2005. 4)
  34. 二点識別法によるヒト手の触覚の計測.嶋脇聡,酒井直隆,日本臨床バイオメカニクス学会誌,24巻,pp.163-169(2003. 11)
  35. 平面圧迫時のヒト指尖部の力学的変形.嶋脇聡,酒井直隆,日本臨床バイオメカニクス学会誌,24巻,pp.157-162(2003. 11)
  36. Vapor-Liquid Equilibria of HFC-32/n-Butane mixtures. S.Shimawaki, K. Fujii, International Journal of Thermophysics, vol.24, No.4, pp. 1033-1042, (2003. 7).
  37. Precise Measurements of the Vapor-Liquid Equilibria (VLE) of HFC-32/134a Mixtures Using a New Apparatus. S. Shimawaki, K. Fujii, Y. Higashi, International Journal of Thermophysics, vol.23, No.3, pp. 801-808, (2002. 5).
  38. 管壁からの流れ込みを伴う円管内収縮部下流における流れ場の解析.嶋脇聡,清水優史,龍前三郎,ながれ,19巻4号,pp.280-281(2000. 4)
  39. 低レイノルズ数における円管内収縮部下流の流れ方向壁面圧力分布に関する研究.嶋脇聡,清水優史,龍前三郎,日本機械学会論文集(B編),66648号,pp.2034-2041(2000. 8)
  40. 円管内収縮部下流の再付着長さに関する研究.嶋脇聡,清水優史,龍前三郎,日本機械学会論文集(B編),65637号,pp.3015-3021(1999. 9)

国際会議論文
  1. Flexible propulsion mechanism in fluid using elastic telescopic mechanism based on pellicular of Euglena - Evaluation of fluid force and flow field. M. Nakabayashi, N. Ito, S. Shimawaki, Proceedings of the Seventh International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms (ISABMEC2018), 36 (USB-Memory), (2018, 9), Tokyo, Japan.
  2. Simulation of the loss of forearm rotation due to malunion of a distal radius fracture. T. Nakamachi, S. Shimawaki, M. Nakabayashi, H. Sugimoto, 8th World Congress of Biomechanics, P2142, (2018, 7), Dublin, Ireland
  3. Simulation of the flexion motion of human cervical spine segments associated with contraction of the main agonist muscle. S. Shimawaki, T. Suda, M. Nakabayashi, 8th World Congress of Biomechanics, P1179, (2018, 7), Dublin, Ireland
  4. Multi Degrees of Freedom Manipulator with Mantle Tube for Assisting Endoscopic and Laparoscopic Surgical Operations. M. Nakabayashi, Y. Hoshito, K. Endo, N. Sata, S. Shimawaki, SAGES&CAGS 16th World Congress of Endoscopic Surgery, Scientific Session & Postgraduate Courses, P821(iPoster), (2018, 4)
  5. Thumbnail Strain in Grasping a Cylindrical Object ? Effects of Object Size and Thumb Pressing Force. S. Shimawaki, Y. Konno, Conference Proceedings of 3rd International Scientific Conference on Engineering and Applied Sciences, pp.715-726, (2015. 7).
  6. Effect of Viewing Conditions on Preshaping movement in Hand Grasping Motion. S. Shimawaki, N. Sakai, The Japanese Journal of Ergonomics (The 13th Japan-Korea Joint Symposium on Ergonomics), Vol.47 Supplement, pp.332-335, (2011. 6).
  7. Change in Blood Vessel Images of the Human Finger using Near-Infrared Radiation while Compressing the Upper Arm. S. Shimawaki, N. Sakai, WCB 2010, IFMBE Proceedings Vol.31, pp.1262-1265, (2010. 8).
  8. Measurement of Human Vascular Change using Near Infra-red Light during Upper Arm Compression. S. Shimawaki, N. Sakai, Proceeding of 6th Triennial international hand & Wrist Biomechanics Symposium, pp.53-54, (2007. 6).
  9. Strain in the Nail fingertip compression.N. Sakai, S. Shimawaki, Proceeding of 6th Triennial international hand & Wrist Biomechanics Symposium, pp.51-52, (2007. 6).
  10. A Study on the Friction Characteristics of Human Fingertips. S. Shimawaki, N. Sakai, Proceeding of 6th Triennial international hand & Wrist Biomechanics Symposium, pp.45-46, (2007. 6).
  11. Three-dimensional finite element model of the finger -comparison of elastic property in the fingertip soft tissue. N. Sakai, S. Shimawaki, Proceeding of 6th Triennial international hand & Wrist Biomechanics Symposium, pp.15-16, (2007. 6).
  12. Hand Motion Analysis During Touch Typing Using VICON System with Finger Force Plate. N. Sakai, S. Shimawaki, Transaction of the 53rd Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, No: 1193, (2007. 2).
  13. Numerical and Experimental Analyses of the Mechanical Response of Human Fingertip Pulp to Loading. S. Shimawaki, N. Sakai, Proceeding of the 5th World Congress of Biomechanics, pp.551-555, (2006. 7).
  14. Mechanical response of fingertip and nail to compressive force. N. Sakai, S. Shimawaki, Transaction of the 51th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, No: 0579, (2005. 2).
  15. Study on the flow in avian lung. S. Shimawaki, S. Ryumae, and M. Shimizu, Proceeding of JSST International Conference on Modeling, Control and Computation in Simulation, pp.221-224, (2000. 9).
  16. Generation of unidirectional flow in avian lung model. S. Shimawaki and M. Shimizu,Proceeding of the International Conference on New Frontiers in Bio-mechanical Engineering, pp.109-112, (1997. 7)

特許
  1. 入力装置, 出願番号:特願2010-281159(平成22年12月17日出願), 発明者:嶋脇聡
  2. 電動義手, 出願番号:特願2009-166142(平成21年7月14日出願), 公開番号:特開2011-19636(平成23年2月3日公開), 発明者:嶋脇聡, 酒井直隆,八木仁,福田晴行
  3. 血圧特定情報生成装置, 出願番号:特2009-137725(平成21年6月8日出願), 公開番号:特開2010-279654(平成22年12月16日公開), 特許第5130590号(平成24年11月16日登録), 発明者:嶋脇聡
  4. 血中コレステロールの検査方法および検査装置, 出願番号:特2009-95780(平成21年4月10日出願), 公開番号:特開2010-246578(平成22年11月4日公開), 発明者:嶋脇聡
  5. 血管硬度測定装置, 出願番号:特願2005-231914(平成17年8月10日出願), 公開番号:特開2007-44261(平成19年2月22日公開), 特許第4729703号(平成23年4月28日登録), 発明者:嶋脇聡
  6. 疑似血管ユニット, 出願番号:特願2011-205885(平成23年9月21日出願), 公開番号:特開2013-68712(平成25年4月18日公開), 特許第5830325号(平成27年10月30日登録), 発明者:嶋脇聡、八木仁

解説・総説
  1. 近赤外光を使って非侵襲で血管の硬度を計測する血管硬度計測装置.中小企業のための技術宝箱 大学・高等専門学校の特許30選 解説集,経済産業省関東経済産業局, pp6-11, (2013,2)
  2. 宇都宮大学機械システム工学科バイオメカニクス研究室.バイオメカニズム学会誌,Vol.35, No.3, pp202-204, (2011)
  3. 近赤外光を用いた非侵襲の血管硬度測定技術/血中コレステロール値測定技術.2011年版 生体計測機器・技術によるホームヘルスケア市場の将来展望.潟Vード・プランニング,pp.49-54(2011, 4)
  4. 近赤外光を用いた非侵襲生体情報取得装置の開発(研究室紹介).計測技術,Vol.38, No.6, pp62-63, (2010, 5)

口頭発表論文
  1. 横山大樹、嶋脇聡:肩関節外転・前方挙上動作のシミュレーション、第29回バイオフロンティア講演会、2B23、(2018, 10
  2. 中町智明、嶋脇聡、小林祐太:橈骨遠位端骨折の複合変形癒合による回旋制限のシミュレーション(掌背側傾斜、橈骨短縮)、第29回バイオフロンティア講演会、2B22、(2018, 10
  3. 宮代智貴、嶋脇聡:母指指腹部変形時における爪ひずみ分布の有限要素解析、第29回バイオフロンティア講演会、2B13、(2018, 10
  4. 高谷大地、嶋脇聡:MRIを用いた球体把持時における関節接触面の計測26日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集No.516、(2018, 8
  5. 小林祐太、嶋脇聡、中林正隆:橈骨遠位端骨折の変形癒合による回旋制限のシミュレーション、関東学生会第57回学生員卒業研究発表講演会論文集、No.1511、(2018, 3
  6. 星谷祐亮、嶋脇聡、中林正隆:主動筋を考慮した上肢前方挙上運動のアシストスーツの開発30回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、p.275、(2017, 12
  7. 中林正隆、伊藤伸宏、嶋脇聡:ユーグレナのペリクルを規範とした可変形状格子構造をもつ流体内推進機構30回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、p.192、(2017, 12
  8. 須田拓也、嶋脇聡、中林正隆:頸椎運動のシミュレーション解析30回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、p.98、(2017, 12
  9. 渡邉明、嶋脇聡、中林正隆:オシロメトリック血圧計測を用いた血管硬さに及ぼす計測姿勢の影響、第25日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集No.506、(2017, 8
  10. 渡邉雅人、嶋脇聡、中林正隆:母趾爪ひずみに及ぼす歩行状態の影響、第25日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集No.518、(2017, 8
  11. 吉田和樹、嶋脇聡:近赤外光を用いた血流依存性血管拡張反応(FMD)の計測法、日本機械学会関東支部第23期総会講演会論文集、No.GS1201-04(2017, 3)
  12. 伊藤康章、嶋脇聡:母指指腹部変形に伴う爪ひずみの有限要素解析、日本機械学会関東支部第23期総会講演会論文集、No.GS1201-03(2017, 3)
  13. 中林正隆、伊藤伸宏、嶋脇聡:ユーグレナの表皮帯を規範とした弾性伸縮機構を備えた弾性流体内推進機構29回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、No.2F34、(2017, 1
  14. 市成倫弥、嶋脇聡:歩行時における母趾爪ひずみ分布29回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、No.1F24、(2017, 1
  15. 長嶋駿寛、嶋脇聡三次元上腕モデルを用いた肩外転シミュレーション、第24日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.177-178、(2016, 8
  16. 田代智哉、嶋脇聡円柱叩打時における母指爪ひずみの計測、第24日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.175-176、(2016, 8
  17. 進藤拓志、嶋脇聡:橈骨変形治癒による前腕回旋可動域変化のシミュレーション、日本機械学会関東支部第22期総会講演会論文集、No.OS1403(2016, 3)
  18. 嶋脇聡:円柱物体把持における母指爪ひずみの非対称性、28回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、No.2G31、(2016, 1
  19. 遊佐和麻、嶋脇聡:心臓足首血管指数(CAVI)と脈波伝播時間に及ぼす計測姿勢の影響28回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、No.2F32、(2016, 1
  20. 長嶋駿寛、中林正隆、酒井直隆、嶋脇聡:筋電前腕運動シュミレーションシステムの開発、関東学生会第54 回学生員卒業研究発表講演会、No.1607(2015, 3)
  21. 吉田和樹、嶋脇聡、中林正隆、酒井直隆:座位における下肢カフ圧変動と動脈速度に及ぼす膝屈曲角度の影響、日本機械学会関東支部第21期総会講演会論文集、No.10415(2015, 3)
  22. 遊佐和麻、嶋脇聡、中林正隆、酒井直隆:心臓足首血管指数(CAVI)に及ぼす計測姿勢の影響、日本機械学会関東支部第21期総会講演会論文集、No.10414(2015, 3)
  23. 嶋脇聡、紺野恭正、中林正隆酒井直隆:物体把持における母指爪変形ひずみの計測、第27回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、pp.265-266、(2015, 1
  24. 村越温子、成田直弘、中林正隆、酒井直隆、嶋脇聡:末梢神経インターフェースにおける二神経活動電位を用いた動作判別アルゴリズム及び義肢制御の検討(査読付き),第19回ロボティクス・シンポジア(CD-ROM),pp.269-274,(2014.3)
  25. 進藤拓志,酒井直隆,嶋脇 聡,中林正隆:デジタルヒューマンハンドにおける橈尺屈運動シミュレーション,53回学生員卒業研究発表会講演前刷集(CD-ROM), 1616,(2014, 3)
  26. 成田直広、中林正隆、酒井直隆、嶋脇聡:ラットを対象としたサイボーグロボット下肢の開発に関する研究、日本機械学会関東支部第20期総会講演会論文集、No.20221(2014, 3)
  27. 男庭正規、嶋脇聡、酒井直隆、中林正隆:前腕回旋時における靭帯の変形に関する有限要素解析、日本機械学会関東支部第20期総会講演会論文集、No.20208(2014, 3)
  28. 戸田麻衣、嶋脇聡、中林正隆酒井直隆:上腕−足首間脈波伝播速度(baPWV)に及ぼす計測姿勢の影響、第24回バイオフロンティア講演会論文集pp.173-174、(2013, 11
  29. 石塚正太、酒井直隆、嶋脇聡、中林正隆:ダイアフラム型ひずみゲージを用いた触覚センサの開発、第21日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.149-150、(2013, 9
  30. 高野貴之、酒井直隆中林正隆、嶋脇聡:上腕の表面筋電位における速度および力制御に関する研究、第21日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.171-172、(2013, 9
  31. 嶋脇聡、市川貴規、中林正隆酒井直隆:電動義手のための指腹部pulp素材の研究、第21日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.173-174、(2013, 9
  32. 中山敦嶋脇聡、酒井直隆中林正隆:弦圧迫・弾弦時における爪変形ひずみの計測、第21日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集pp.219-220、(2013, 9
  33. 嶋脇聡、酒井直隆、中林正隆:MRIによる指腹部pulpの変形解析、第25回バイオエンジニアリング講演会講演論文集、pp.173-174、(2013, 1
  34. 田村昂紀、酒井直隆、嶋脇聡、中林正隆:指リハビリ運動訓練装置の開発固定器具形状の検討, 日本人間工学会関東支部42回 大会講演集、pp.84 -852012, 12
  35. 男庭正規、嶋脇聡、酒井直隆、中林正隆:肘屈曲時の靭帯に生じる応力の有限要素解析、第20回日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集、pp.23-24、(2012, 8
  36. 田村昂紀、酒井直隆、嶋脇聡、中林正隆:指リハビリ運動の三次元動作解析、第20回日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集、pp.239-240、(2012, 8
  37. 小林洋平、嶋脇聡、酒井直隆:高コレステロール摂食ラットにおける血中ヘモグロビン濃度と静脈の機械特性、第22回バイオフロンティア講演会講演論文集、pp.81-82、(2011, 10
  38. 江部素弘、酒井直隆、嶋脇聡:前腕骨間膜断裂による回内動作不安定性の三次元シミュレーション、第22回バイオフロンティア講演会講演論文集、pp.149-150、(2011, 10
  39. 船山瑛司,嶋脇聡,酒井直隆:溝付き管内振動流による拡散係数の計測、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.39-40、(2011, 9
  40. 相馬俊介,酒井直隆,嶋脇聡,八木仁,福田晴行:電動ロボット義手の骨格構造と手掌面の圧力分布、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.193-194、(2011, 9
  41. 岡田聖也,酒井直隆,嶋脇聡,八木仁,福田晴行:ドアノブ把持における手関節、前腕節動作解析、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.195-196、(2011, 9
  42. 登坂健司,酒井直隆,嶋脇聡:坐骨神経による神経信号の計測と制御方法の考察、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.197-198、(2011, 9
  43. 佐口公一,酒井直隆,嶋脇聡:腱鞘狭窄における腱−腱鞘間摩擦、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.201-202、(2011, 9
  44. 増渕裕一,酒井直隆,嶋脇聡:聴覚障害者の皮膚振動覚による識別能、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.203-204、(2011, 9
  45. 橋本拓実,酒井直隆,嶋脇聡:指尖部変形と近赤外光透過量の関係、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.205-206、(2011, 9
  46. 菊地諒,酒井直隆,嶋脇聡:指尖部変形の有限要素モデルとMRIの比較、日本機械学会関東支部ブロック合同講演会-2011宇都宮-pp.207-208、(2011, 9
  47. 菊地研二、酒井直隆、嶋脇聡:末梢神経インターフェイスのための神経電位の計測と解析、日本機械学会関東支部第17期総会講演会論文集、pp.43-44、(2011, 3
  48. 武山仁,酒井直隆,嶋脇聡:突き指の三次元FEM解析、日本機械学会関東支部第17期総会講演会論文集、pp.283-284、(2011, 3
  49. 工藤友亮,酒井直隆,嶋脇聡:近赤外光による血管像に及ぼす血中コレステロールの影響、日本機械学会関東支部第17期総会講演会論文集、pp.293-294、(2011, 3
  50. 小原卓巳、酒井直隆,嶋脇聡、福田晴行、山田昇:肩周辺の筋肉の筋電位計測、日本機械学会関東支部第17期総会講演会論文集、pp.295-296、(2011, 3
  51. 井木貴之,酒井直隆,嶋脇聡:段差後段動作における3軸加速度の計測、日本機械学会関東支部第17期総会講演会論文集、pp.297-298、(2011, 3